外資系銀行といえばシティバンク銀行

CONTENTS

中小企業への強力なサポート役新銀行東京

新銀行東京が取り扱う東京都中小企業制度融資

日本の経済を活性化させるために不可欠なのが中小企業の活性化です。それは、日本の企業ではその90%以上が中小企業に属しているからです。日本は経済大国であるとはいえ、貿易が不可欠な日本は世界の経済動向の影響を受けやすい国です。外国が不況になれば、日本もその影響を受けます。そして、日本経済が不況になると当然、中小企業も影響を受け、それほど事業形態が大きくない企業から淘汰されてしまう可能性が高くなります。ですから、中小企業をサポートすることは日本経済をサポートすることにつながるわけです。


これらの企業の最強のサポートは金銭面でのサポートです。そこで、多くの中小企業が存在する東京都では、「東京都制度融資」というものを設けました。中小企業が常に心を砕くのが運転資金の調達です。単純に言い換えれば、運転資金の都合が付き、事業内容がしっかりしていれば、中小企業はやっていけます。資金調達は銀行からの融資が主な手段となりますが、一時期、不景気の影響で銀行が中小企業へ「貸し渋り」をするということがあり、それ以来、「中小企業が銀行からお金を借りるのは難しい」というイメージが定着してしまいました。「東京都制度融資」は、東京都内の中小企業が銀行から融資を受けやすくするためのものです。この制度融資を受けるには東京信用保証協会の保証が必要になります。そしてこの東京信用保証協会は、事業経営者に事業計画を提出さたり、面接を行ったりして、その経営者の人物や資金の使い道、返済能力等を審査して、保証するかどうかや保証金額の決定を行います。


この「東京都制度融資」の一連の手続きを行っているのが新銀行東京なのです。新銀行東京はもともと東京都内の中小企業事業者への融資関係が充実している銀行ですので、融資関係の相談はまずこの銀行へ行くことをおすすめします。その中でもこの制度について、まず新銀行東京へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

© 2014 外資系銀行といえばシティバンク銀行 All Rights Reserved.