外資系銀行といえばシティバンク銀行

CONTENTS

中小企業への強力なサポート役新銀行東京

新銀行東京の「東京メディカル応援団」

新銀行東京の法人相手の融資の中に東京メディカル応援団というものがあります。これは、名前の通り、医療関係の事業への融資についてのものであり、これには介護事業も含まれます。


医療関係の事業の収入に関する難点は、日本には医療保険や介護保険という制度があるため、ダイレクトに収入となる現金を事業者が受け取れないというところにあります。現金が手元にないということは、当面の運転資金にも事欠いてしまう可能性があるということになります。この部分をサポートしようというものです。つまり、医療や介護サービスを提供し、診療報酬または介護報酬の請求をした時点からそれを受け取れるまで約2カ月という時間的なズレがあるため、収支にもズレが生じてしまうのですが、それを解消できるのが、この融資の特徴です。


ローンとしてのシステムとしては、これから報酬が入ってくるということを証明する診療・介護報酬請求書、支払通知書を証明書として、その報酬を担保として融資を受けるというものです。このローンの利用者である医療・介護事業者はこの融資システムを利用してお金を受け取り、その返済は、新銀行東京が直接、医療・介護報酬の支払元となる社会保険診療報酬基金国民健康保険団体連合会へ請求して受け取ることで返済とするということになります。


ローンですので、所定の金利が適用され、手数料的に利息を支払う必要がありますが、いわゆるお金が足りない時のローンというよりは、時間的なズレを埋め合わせるためのシステムですし、貸付を行う銀行の側としても、そのシステムの特性や社会保険診療報酬基金や国民健康保険団体連合会の信用性というものが高く、返済の見通しは極めて明るいということで金利はそれほど高いものではありません。

© 2014 外資系銀行といえばシティバンク銀行 All Rights Reserved.