外資系銀行といえばシティバンク銀行

CONTENTS

中小企業への強力なサポート役新銀行東京

新銀行東京とは

新銀行東京は「東京」という言葉が名称に含まれていることから、いわゆる地方銀行の一つかと思われがちです。もちろん、東京都という地元の発展に貢献するために設立されたという意味では、他の地方銀行と目的を同じくしているため、同じカテゴリーに属する銀行ではあるのですが、新銀行東京ほど設立の経緯がユニークな銀行はあまり見かけません。


企業の資金繰りが上手くいっているかどうかというのは、銀行との取引が上手くいっているかどうかがそのまま反映されます。銀行はその経営のことを考えれば、当然回収の見通しが明確にならない限り融資はしないものなので、不景気な時に、特に中小企業がその煽りを受けやすいというのは、つまり、「資金繰りに悩む」ということであるとも言えます。とはいえ、ものづくりが盛んで、それが日本経済の屋台骨となっているという事実から考えると、中小企業の存在というのは、簡単には無視できないほど重要なものとなっています。そこで、まさに中小企業の資金繰りをサポートして、経済を活性化させようという目的で、東京都によって設立されたのがこの新銀行東京です。


この銀行のホームページを見ても分かるように、この銀行が取り扱っている金融商品はとにかく中小企業への融資に関するものが充実していて、それ以外はあまり目立ったものがないと言っても過言ではありません。その設立の目的に政府の経済政策のような側面があることから、設立当初はその理念に実際の経営が追い付かず、破たんするということもありました。賛否両論ある新銀行東京の存在意義ですが、その理念自体は中小企業にとって大変有益なものであるため、やはりその存在は日本経済再生にとって必要であるということから公的資金の注入が行われるなどして、経営再建が行われました。

© 2014 外資系銀行といえばシティバンク銀行 All Rights Reserved.