外資系銀行といえばシティバンク銀行

CONTENTS

外資系銀行といえばシティバンク銀行

シティバンクの手数料

シティバンク銀行の評判に良くも悪くも影響する評判として、手数料の一種である口座維持費というのがあります。これは、口座に入金してあるお金が50万円以下になってしまうと口座を持っているということに関して手数料がかかるというものです。外資系銀行でない、日本の銀行の場合は、このような手数料を取らずに口座を開設でき、しかも残高に関わらず口座を持っていることに関しての手数料は取られないので、この点だけで考えれば、日本で銀行を選ぶのであればシティバンク銀行にとって不利な点であるといえます。


他の手数料はどうでしょうか。手数料一覧を見てみると、例えば自行内での振り込みは基本的に無料ですのでいいとして、他行宛の振込手数料がやたらと高いという印象を受けます。海外送金については利用する機会が限られるとはいえ、その手数料も他行と比べて割高です。また、口座への入金残高の額によって利用者がランク分けされ、良いランクであるほど手数料が無料であるといったようなサービスが付加されるというのも、日本の銀行が提供するサービスにはあまり見られないことです。


こう言うと、シティバンク銀行がひどいサービスを提供している銀行であるように聞こえますが、日本だけでなく、世界の銀行を見て、比較してみると、むしろシティバンク銀行の方が普通であるのが分かります。これにはお金に関する考え方の違いも表れているのかもしれません。例えば、日本人は貯金することを重要視する傾向があるようです。外国の場合は、余ったお金は投資等に回して積極的に殖やすということを日常的にしますし、そういうお金がない場合は、銀行や証券会社を利用するという発想は生まれません。つまり、日本ではお金の有無に関わらず、銀行口座は持っているというのが常識的になっていますが、視点を変えてみれば、それは無駄なことであるという発想です。


文化の違いということもありますし、シティバンク銀行は海外での利用といったことに特化した強みがあるので、当面この手数料の状況は変わらないのではないかと言えます。

© 2014 外資系銀行といえばシティバンク銀行 All Rights Reserved.